【明星大学合格レポート】 初等音楽科教育法【1単位目】

閲覧数118
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。
    ファイル形式:Word
    文字数:1326字以内

    <課題>
    ①定義
    ②2指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。 また、 教科書「初等音楽科教育法』 阪井恵・ 有本真紀著 (明星大学出版部) P.36の表を写し、 曲名を書き入れてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学合格レポート】初等音楽科教育法【1単位】
    参考文献「初等音楽科教育法」阪井恵・右本真紀(明星大学出版部)配本年度2004年度~
    *2008年度以前の版は、書名が「ハートフルメッセージ(初等音楽科教育法)になっていますが、同じものです。
    <課題>
    「歌唱共通教材」とはどのようなものですか
    ①定義
    ②2指導計画に組み込むときの注意点。
    以上2点をまとめてください。また、教科書「初等音楽科教育法』阪井恵・有本真紀著(明星大学出版部)P.36の表を写し、曲名を書き入れてください。

     まず、「歌唱共通教材」の定義について説明する。「歌唱共通教材」とは、現行の『学校指導要領」において、各学年に4曲ずつ割り当てられた曲のことである。1.2年生はその内3曲を、3年生から6年生はその内2曲を、各年度の指導計画に教材として位置づけられることが義務づけられている。
     共通教材は、どれも古い歌で、戦前からの文部省唱歌が中心である。また、これらの曲は、日本の公教育における音楽教育の歴史を振り返れば文化遺産的なものであり、音楽的に評価の高い曲でもある。このような良い点がある一方で、現代の子ども達にとっ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。