【聖徳大学 2023年】福祉心理学 第2課題 評価S

閲覧数194
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    すべてに答えなさい。
    (1) 「児童虐待」、「高齢者虐待」「被虐待児(者)」への心理支援について具体例を記述してください。【1つにつき300文字×3(800文字程度) 】
    (2)認知症高齢者の心理支援について、具体例を挙げて説明してください。【500文字程度】

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本稿ではまず、児童虐待への心理支援について具体例を挙げながら4つ述べる。まず、生態系的アプローチの活用があげられる。具体例として、加害者の家族構造、職場環境、経済状態、過去の経験などを聴き、虐待行為にどのように関係しているのかを明らかにすることが考えられる。2つ目に、ストレングスを用いた支援が挙げられる。具体例として、加害者が過去に持っていた趣味や特技を再び取り組むことで、新しい人間関係や生活のリズムを築くことがある。3つ目にスキルトレーニングが挙げられる。具体例として、育児のスキルやストレスマネジメント、感情のコントロールの方法などを学ぶことが考えられる。4つ目に、グループセッションやワークショップへの参加が挙げられる。他の参加者と共に感情のコントロール技法を学んだり、役立つ情報や資料を受け取ることがあるだろう。次に、高齢者虐待への心理支援について具体例を記述する。まず1つ目に、被害者の自己意識の回復があげられる。具体的には、虐待により自尊心や自己効力感が低下した場合、カウンセリングや被害者が自分の価値を再認識する活動を行うことがある。2つ目に、安全なコミュニティの確立があげられる...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。