【聖徳大学 2023年】福祉心理学 第1課題 評価S

閲覧数225
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    すべてに答えなさい。
    (1) 「福祉」について、ウェルフェア(Welfare)とウェルビーイング(Well-being)の語を用いて説明してください。【300字程度】
    (2)福祉心理学とはなにか、広義の意味と狭義の意味をそれぞれ含めて説明してください。【300字程度】
    (3)以下のa)からc)の項目のうちから2つを選び、それぞれ具体例を挙げて説明してください。【1つにつき400字×2(800文字程度)】

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本稿ではまず、「福祉」についてウェルフェアとウェルビーイングの語を用いて説明する。ウェルフェアとは、社会の制度やサービスによって提供される物的・経済的な支援を指す。具体的には社会保障、医療、教育、雇用の支援が考えられる。これは、個人や家族が生計を立てて生活していくための支援を行うことを目的としている。一方、ウェルビーイングとは、個人の身体的、精神的、社会的な健康や満足度を指す。これは、心の健康、人間関係、生活の意味や目的、自己実現を含む幸福感の全体を指す。これらより「福祉」は、ウェルフェアとウェルビーイングが組み合わさることで、個人や社会全体の生活の質や幸福度が向上することだと考えられる。
     次に、福祉心理学とはなにか、広義の意味と狭義の意味をそれぞれ含めて説明する。広義の意味では、個人の心の健康、人間関係、生活の意味や目的、自己実現、ストレスや苦しみとの向き合い方など、幅広いテーマを含んでいるとされる。これは、生活の質の向上や人々の幸福を追求するための心理的な要因やプロセス、心理的な介入や支援の方法などを研究対象としていることが考えられる。狭義の意味では、障害を持つ人、高齢者、子ど...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。