【星槎大学 2023年】英語文学購読(1) 科目修了試験 評価A

閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ:”The Use of Force”と“The Lottery”の 2 作品に描かれている「人間が内面に持つ怖さ」について、1200 字から 1600 字を目安としてレポートを作成しなさい。

    タグ

    倫理社会道徳人間子供集団暴力自己表現行動

    代表キーワード

    星槎大学社会倫理

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     549107 英語文学講読(1)
    テーマ:”The Use of Force”と“The Lottery”の 2 作品に描かれている「人間が内面に持つ怖さ」について、1200 字から 1600 字を目安としてレポートを作成しなさい。
    本稿では、”The Use of Force”と”The Lottery”の2作品に描かれている「人間が内面に持つ怖さ」について述べる。
    “The Lottery”と“The Use of Force”は、それぞれ異なる状況ではあるが、どちらの作品も人間が普段は覆い隠されている野蛮な側面を露わにする瞬間を捉えているといえる。
    まず、“The Lotteryで描かれている「人間が内面に持つ怖さ」は、以下の5つが挙げられる。1つ目に、無意識の残酷さを挙げる。この物語では、”Seventeen-seventh year I been in the lottery(17)”というオールドマン・ワーナーの発言にみられるように、村の人々が伝統として宝くじ(くじ引き)を行い、選ばれた一人を石打ちの刑にするという残酷な行為に無意識的に従っている。この無反省な残酷さは、人...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。