【星槎大学 2023年】英語文学購読(1) レポート 評価A

閲覧数177
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ:作品論(The Lottery)

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     549107 英語文学購読(1)
    テーマ:作品論
     本稿ではShirley Jackson,1916-1965の”The Lottery”について、「医師がプロフェッショナルとしての理性を持ちつつも、人として個人の感情を持っており、それらの間で葛藤をすることを描く作品である」という仮説を立て、立証していく。
     最初に、医師のプロフェッショナルとしての理性を持っている姿が描かれている場面を見ていく。まず1点目に"Well, I said, suppose we take a look at the throat first.(3)"という箇所があげられる。この文章は、医師が診察を始める際の最初の言葉であり、患者であるマチルダの症状を正しく診断しようとする医師の専門的な姿勢が伺える。2つ目に、"I had to have a throat culture for her own protection.(4)"が挙げられる。これは、医師が患者の安全と健康を最優先に考えていることがわかる。彼は患者であるマチルダに対し、喉の培養検査が必要であると判断し、それを行うことで患者であるマチルダを守る...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。