【星槎大学 2023年】英語文学論(1) レポート課題 評価A

閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ:Matildaに関する考察

    タグ

    学校家族知識変化行動生活理解自分

    代表キーワード

    星槎大学学校家族

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    549105 英語文学論(1)
    テーマ:Matildaに関する考察
    本稿では、ロアルド・ダールの「マチルダは大天才」に関して、「マチルダの知識や才能、行動が周囲の人々に希望や勇気を与え、彼らの人生に前向きな変化をもたらす。」という仮説を立て、検証していく。
    まず、1つ目に、マチルダとラベンダーの関係性を挙げる。ラベンダーはマチルダと同じ学校に通うクラスメイトである。マチルダの行動についてラベンダーは、“Matilda liked her(Lavender) because she was gutsy and adventurous. She(Lavender) liked Matilda for exactly the same reasons.”(102)と書かれており、活発で冒険的な性格を気に入っていることがわかる。また、本文には以下の記述もある。

    “She also admired Matilda who had sworn her to secrecy about the parrot job she had brought off at home, and also the...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。