教育の方法及び技術・情報通信技術の活用【2単位目】PA2242 2022〜 明星大学 通信教育課程

閲覧数379
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    「2022〜」の課題になっている「教育の方法及び技術・情報通信技術の活用」の2単位目の合格レポートです。
採点者から「情報通信技術の活用は、多くの可能性を有しています、常に学び続けて下さい。」との評価を頂きました。

    

【課題】
    1.学校生活の1日の「授業以外の場面」で情報端末をどのように活用できるか、自分が取得希望の校種をもとにした具体事例をふまえて考察しなさい。

    2.上記1の事例を通して児童生徒に何が身につくのかを説明しなさい。

    【解説】
    1.この課題は情報通信技術(ICT)を「道具として使いこなせるか」の基本と言える。教科の中でICTを用いて授業が行われている状態の学級や学校というのは、授業以外の学校生活でもICTが当たり前のように使われている。学習者がICTを便利な道具として慣れていくためにも授業以外での活用が大切になるため、どのように活用できるのか自分が志望する校種や教科を具体的にイメージしながら、考察を進めて欲しい。

    2.学校で取り組まれるすべての活動は学習であり、それらによって学習者はさまざまなことを知識として知ったり、体験したりする。上記1の授業以外の場面においてICTを単に用いれば良いというわけではなく、学習者にとって何が身につくのか、教師として何を意図してその活動を行わせているのかというねらいをもつことが必要である。もちろん、ICTの操作に慣れるということもあるが、それ以外のこと、例えば情報活用能力の育成を見通して活動を指示することが求められる。

    

【参考資料】

    「第2版 教育方法の理論と実践 小川哲生・菱山覚一郎 明星大学出版部  2022年度」
    「ICT活用の理論と実践 稲垣 忠 /佐藤 和紀  北大路書房 2023年度〜」

    
※テキストを見つつ、こちらも参考にしつつ、丸写しの場合単位剥奪もありますので、自分自身の解答を作成することを強くお勧めします。

    タグ

    情報学校電子健康授業児童学習大学教員生徒

    代表キーワード

    明星大学情報学校

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の方法及び技術・情報通信技術の活用【2単位目】PA2242 2022〜 明星大学 通信教育課程

    【課題】
    1.学校生活の1日の「授業以外の場面」で情報端末をどのように活用できるか、自分が取得希望の校種をもとにした具体事例をふまえて考察しなさい。

    2.上記の事例を通して児童生徒に何が身につくのかを説明しなさい。

    【解説】
    1.この課題は情報通信技術ICTを「道具として使いこなせるか」の基本と言える。教科の中でICTを用いて授業が行われている状態の学級や学校というのは、授業以外の学校生活でもICTが当たり前のように使われている。学習者がICTを便利な道具として慣れていくためにも授業以外での活用が大切になるため、どのように活用できるのか自分が志望する校種や教科を具体的にイメージしながら、考察を進めて欲しい。

    2.学校で取り組まれるすべての活動は学習であり、それらによって学習者はさまざまなことを知識として知ったり、体験したりする。上記の授業以外の場面においてICTを単に用いれば良いというわけではなく、学習者にとって何が身につくのか、教師として何を意図してその活動を行わせているのかと...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。