発達心理学【1単位目】PA1070 2019〜 明星大学 通信教育課程

閲覧数128
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    「2019〜」の課題になっている「発達心理学」の1単位目の合格レポートです。
採点者から「1,2ともに概ねポイントをおさえて説明されています。」との評価を頂きました。

    

【課題】
    
1.発達を規定する要因として遺伝と環境があるが、それに関する考え方を4つ説明したうえで、人間の発達の特徴を「発達段階」「敏感期」「初期経験」「可塑性」の用語を用いながら述べなさい。
    2.乳児の発達の特徴を運動機能・認知能力・学習能力・対人関係能力・情動(情緒)発達の側面から説明しなさい。

    【解説】
    1.遺伝(または成熟)と環境(または学習)の要因がどのように人の在り方を決めるかについて、4つの説の違いを理解し、最も正しいと思われる考え方を「発達段階」「敏感期」「初期経験」「可塑性」の用語を使って整理して下さい。
    2.人間が「2次的就巣性」であることの意味も理解しながら、人の発達の独自性を説明して下さい



    【参考資料】
    「子どもの発達心理学 高橋道子・藤崎眞知代・仲真紀子・野田幸江  新曜社 2019年度〜」

    
※テキストを見つつ、こちらも参考にしつつ、丸写しの場合単位剥奪もありますので、自分自身の解答を作成することを強くお勧めします。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学【1単位目】PA1070 2019〜 明星大学 通信教育課程

    【課題】

    1.発達を規定する要因として遺伝と環境があるが、それに関する考え方をつ説明したうえで、人間の発達の特徴を「発達段階」「敏感期」「初期経験」「可塑性」の用語を用いながら述べなさい。

    2.乳児の発達の特徴を運動機能・認知能力・学習能力・対人関係能力・情動情緒発達の側面から説明しなさい。

    【解説】
    1.遺伝または成熟と環境または学習の要因がどのように人の在り方を決めるかについて、つの説の違いを理解し、最も正しいと思われる考え方を「発達段階」「敏感期」「初期経験」「可塑性」の用語を使って整理して下さい。

    2.人間が「次的就巣性」であることの意味も理解しながら、人の発達の独自性を説明して下さい

    【参考資料】
    「子どもの発達心理学 高橋道子・藤崎眞知代・仲真紀子・野田幸江  新曜社 2019年度〜」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    課題①
     発達は遺伝によって規定されるのか、それとも環境によって影響されるのか、これまでの心理学の歴史の中で長く論争されてきた。し...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。