【法政通信】法政大学通信教育 01323 心理学 第1回

閲覧数305
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    丸写しはせず、参考資料として使用してください

    タグ

    法政法政通信心理学01323

    代表キーワード

    心理学法政通信法政

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法政大学 通信教育部
    科目コード・01323
    科目名・心理学 第1回
    文字数・2500字程度
    課題・偏見や差別が生じるのはなぜか、心理学の知見に基づいて述べよ

    以下解答
    偏見や差別の歴史は、人類の社会的な進化とともに存在してきた。この問題を歴史的に見ると、様々な時代、文化、社会において、さまざまな形で現れてきたことがわかる。以下に、その概要を述べる。
    古代から中世にかけての偏見と差別は、主に民族、宗教、階級といった属性に基づいていた。例えば、古代ギリシャやローマでは、非市民、奴隷、異教徒に対する差別があり、これらのグループは市民権を有さず、多くの権利から排除されていた。中世ヨーロッパでは、ユダヤ人に対する迫害が広く行われ、これらは経済的な嫉妬、宗教的な偏見、そして無知から繰り返された。
    近代に入ると、偏見や差別はより体系的で制度的な形をとるようになる。アフリカ人やその子孫に対する奴隷制度は、人種に基づく差別の最も残酷な例の一つである。北アメリカ、カリブ海、南アメリカなどの地域では、ヨーロッパの植民地主義者によって導入された奴隷制度が、経済の根幹として長きにわたって続いた。この期間、ア...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。