八洲学園大学 図書館サービス概論 第2回【2022年秋期 A評価】

閲覧数493
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員1,540円 | 非会員1,848円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館サービス概論 第2回課題 2022年秋期
    レポート評価:A

    盗用や転用は禁止されております。
    このまま提出はせず、レポート作成の際の参考としてお使いください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館サービス概論第2回課題レポート【2022年秋期A評価】
     
    【課題】
    公共図書館の利用対象ごとのサービス(教科書の9章にあたる部分)について,現在行われているサービスの種類および内容を説明し,その中でも優先して充実させる必要のあるサービスが何と考えるか,自分なりの意見を述べよ.字数は1,600字〜6,000字とする.
     
     
     
     
    『公共図書館の利用者ごとの図書館サービスについての考察』
     
    1.はじめに
     「ユネスコ公共図書館宣言1994」は、全ての人が平等に図書館を利用できること、そして通常のサービスや資料の利用ができない人々に対しては、特別なサービスと資料が提供されなければならないことを謳っている。(1)公共図書館を利用する地域住民は、年齢、人種、障害の有無、そして情報のニーズに至るまで一様ではない。本レポートでは、こうした利用者ごとに公共図書館が提供している資料やサービスについて確認し、なかでも優先して充実させていくべきサービスについて考察する。
     
    2.利用者ごとの図書館サービスについて
    ①児童サービス
     2018年4月に、第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。