PA3120 特別活動と総合的な学習の時間の指導法 1単位目 合格レポート

閲覧数575
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    明星大学通信教育部 PA3120 特別活動と総合的な学習の時間の指導法 1単位目 合格レポートです。

    使用テキスト『教科外活動の未来を拓く − 特別活動と総合的な学習の時間の世界 − 』吉冨芳正、菱山覚一郎編(明星大学出版部、2018)

    課題
    1、学校教育において、教科外活動(ここでは特別活動と総合的な学習の時間)の必要性と教育的意義について述べよ。
    2、特別活動と総合的な学習の時間の共通点と相違点をまとめなさい。

    レポート作成の参考にしてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PA3120 特別活動と総合的な学習の時間の指導法 1単位目 合格レポート

    1、学校教育において、教科外活動(ここでは特別活動と総合的な学習の時間)の必要性と教育的意義について述べよ。

    特別活動と総合的な学習の時間は学習指導要領によって定められた教育課程である。この二つの教科外活動の必要性と意義について考えるにはまず、教育活動の目的について改めて考えてみる必要がある。教科外活動の必要性という話が出てくるのは、国語や算数といった教科を教えることが教育であり、合唱祭や文化祭は教育とは少し違うのではないかと考える向きがあるからであろう。そして学習指導要領に教育課程として定められているということは、それらがれっきとした教育活動であり、達成すべき教育目標がそこにあるからである。教科外活動の必要性と意義は学習指導要領が目指す目標を確認し、それがこれらの活動の中でどのように達成できるのかを考えることで自然とはっきりしてくるように思う。特別活動の目標は集団の形成者としての活動を通して、3つの育むべき能力を提示している。内容を要約すると、集団活動の意味を理解し、集団内での活動をできるようにすること、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。