PA1080 特別なニーズ教育総論 2単位目 合格レポート

閲覧数529
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 PA1080 特別なニーズ教育総論 2単位目 合格レポートです。

    <使用テキスト>
    『教員と教員になりたい人のための特別支援教育のテキスト 気付き、工夫して、つなげる。』小林倫代編・著(学研教育みらい、2019)

    課題
    発達障害者支援法における発達障害の規定をまとめ、それぞれの障害特性の概要および具体的な支援方法について述べなさい。

    レポート作成の参考にしてみてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PA1080特別なニーズ教育総論 2単位目 合格レポート

    発達障害者支援法における発達障害の規定をまとめ、それぞれの障害特性の概要および具体的な支援方法について述べなさい。

    発達障害者支援法は発達障害者の適正な発達と社会生活への適応を支援し、早期の段階からできるだけ切れ目なく支えていくことができるよう制定された法律である。この法律において発達障害者とは、大きく分けて、読み書き等に困難を生じる学習障害、注意欠陥多動性障害またこれに類する脳機能の障害、自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害の3つが規定されており、それらの症状は通常低年齢において発現するものであるとされている。本レポートではこれら3つのグループの障害特性をおさえ、どのような支援が具体的に期待されているのかまとめていく。 学習障害とは文部科学省の定義によると、全般的な知的発達に遅れはないものの、読み書きや聞く、話す、また計算や推論などの能力の中で特定のものの習得及び使用が困難な状態のことを指す。その原因は中枢神経系の何らかの機能障害であると考えられている。聞いたり話したりといった学習に関連する幅広い能力の障害を文科...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。