PB2160 初等教育方法学 2単位目 合格レポート

閲覧数299
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 初等教育方法学 PB2160 2単位目 合格レポートです。

    使用テキスト『教育方法の理論と実践』小川哲生・菱山覚一郎 (明星大学出版部)

    課題:
    1. 自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。

    2. 我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理しなさい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2160
    初等教育方法学 2単位目 合格レポート

    1. 自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。
     
     情報通信機器を授業で活用するにあたってまず分岐点となるのは、自分が情報通信機器を使って授業を進行するのか、子どもたちに実際に使ってもらいながら授業を進めるのかの選択である。例えば、自分がパソコンで編集した表や画像を単に映し出して説明に使うだけなのであればその本質は黒板への板書と大きく変わることがない為、あとは機器を活かして如何に目的に沿った分かりやすい表現をできるかになってくる。しかし、子どもたちに実際に機器を扱ってもらう授業を構成する場合、その機器が子どもたちにとって道具として既に消化できるものであるのか、そうではないのかを検討しなければならない。機器そのものの構造や仕組み、利用法を教える授業であれば別であるが、機器はあくまで道具であって全ての授業の目的には位置しない。授業利用にあたって理想的なのはパソコン等の情報通信機器が特別な何かとして意識されるのではなく、単なるメディア、道具として扱われ、本来の授業...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。