教育方法学 PA2240 1単位目 合格レポート

閲覧数281
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 PA2240 教育方法学 1単位目 合格レポートです。
    1、系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2、次の語についてそれぞれ調べなさい。
    (1)情報活用能力
    (2)絶対評価
    (3)教材研究

    [使用テキスト]
     ・『教育方法の理論と実践』 小川哲生・菱山覚一郎著(明星大学出版部)配本年度2007年~

    レポート作成の際、参考にしてみてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法学 PA22401単位目 合格レポート

    1、系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。

    系統学習とは、学問を系統的に順序立てて構成し、段階的かつ効率的に学習を進めていくものである。知識の土台となる基礎的なものから順序を追って教育を進めていくことで確実な基礎学力の育成が可能で、教師が主体となって、一度に多人数を相手に共通の知識や学習を指導することが出来る。学習成果の評価においても明確な基準を設けることができ、指導内容は教科書に既に系統的に示されていることから教員の負担も少ない。一方で、系統学習は知識詰込み型の教育に陥りやすく、児童の個性や独自の発想などは評価対象になりづらい。一斉学習の場面でも、受け手にある程度同水準の能力が求められ、内容についていけない児童にはその後の授業がよくわからず、学習意欲の低下や、落ちこぼれを生む危険性もある。問題解決学習は学習上の課題を問題として設定し、それを解決するための様々な過程をもって児童の思考力や判断力などを育成する。問題解決の為の情報収集、解決の過程で、児童の主体的な活動や経験を重視し、生きて働く知識や実践的な力の育成...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。