近畿大学 図書館司書教諭 読書と豊かな人間性

閲覧数459
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    近畿大学通信教育の司書教諭の合格レポートです。(2023年)
    丸写しをするのはNGです。書き方の参考にしていていただければと思います。どのレポートも評価は良かったです。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    読書と豊かな人間性

    設題:学校図書館を魅力あるものにし、子どもたちの読書を推進させるための活動案を考え、論じてください。テキストの事例や参考文献を参照し、主体的かつ具体的な方法を提案してください。(学校種を特定し、その特徴に応じた活動案について論じること)

    解答:現在、日本の多くの子どもたちは、自ら図書館に足を運び、本を手に取り、自分の時間を読書に割こうとはしない。2019年の「GIGAスクール構想」により、ほとんどの学校で生徒一人一人にタブレット端末が配布され、インターネット環境が整うようになった。情報メディアの急速な発達により、手に入れたい情報が簡単かつ素早く手に入るので、子どもたちにとっては効率よく学習ができているのかもしれない。しかし、子どもたちは「学びたい」という気持ちで検索しているであろうか。私は、子どもたちが頭で考えることをせず、文字を入力するだけ、もしくは音声で入力するのみで簡単に情報が手に入ることにより、物事に興味や関心が持つことができていないと感じている。そうした中で、平成29・30・31年の学習指導要領の改訂により、「生きる力」が重要視され、また、次のような願...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。