聖徳大学 心理学 第2課題 評価A

閲覧数633
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    聖徳大学通信教育部社会福祉学科社会福祉コース
    心理学 第2課題
    評価「A」

    課題内容:
    「子ども虐待と心理的援助」について自由に考察しなさい。

    資料は参考程度にお使いいただき、丸写しはおやめいただくようお願いいたします。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子ども虐待と心理的援助」について自由に考察しなさい。

     子ども虐待は年々増加の一途をたどっており、2019年には児童相談所における相談対応件数が過去最大の19万3,780件にのぼり、今日の大きな社会問題となっている。
     子ども虐待の発生要因について、山縣(2016)は、「複数の要因が重なり合って生じるものであり、単一の要因で起こることはまれである。」と述べており、保護者要因、子ども要因、養育環境要因などの側面から考えることができるとしている。
     つまり、子ども虐待における心理的援助は、子どもだけではなく、保護者に対しても行うことが重要である。
     また、虐待は発生前に未然に防ぐことができれば悲惨な結果を招くことにならないため、発生前における保護者に対する心理的援助が肝要である。
     従って、本論では、虐待の発生予防に焦点を当て、子ども虐待と心理的援助について考察する。
     虐待を予防するためには、保護者が子を虐待する前に相談できる環境が必要であるのは当然だが、果たしてそのような環境は十分に整っているのだろうか。
     厚生労働省発表の児童相談所での児童虐待相談対応件数(2019年)によると、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。