産業・組織心理学 第一課題一設題 評価A

閲覧数961
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    メイヨーらによる「ホーソン研究」と「人間関係管理」について、自分で論点を設定して論じなさい。

    <評価A> ※本レポートは参考までにとどめていただき、そのままの転用はお控えください。

    タグ

    聖徳心理心理学産業組織

    代表キーワード

    心理学心理聖徳

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メイヨーらによる「ホーソン研究」と「人間関係管理」について、自分で論点を設定して論じなさい。

     厚生労働省の調査によると、職業生活において強いストレスや不安を感じている労働者の割合は、令和3年の調査で53.3%[令和2年調査54.2%]、ならびに、ストレスとなっていると感じる事柄がある労働者について、最も多い内容は「仕事の量」の43.2%である。(令和3年「労働安全衛生調査(実態調査)」)わが国では、人口減少による深刻な労働力不足の背景を受け、平成30年から「働き方改革」が施行され、長時間労働の削減と業務効率化についても見直された。しかし、過労死等に関する請求件数は3,099件と前年度から264件増加傾向にある。(令和3年度「過労死等の労災補償状況」)この結果について、人間関係管理に着目しながら、現代の日本が陥っている労働問題を考察する。
    人間関係管理とは、人事・労務管理を健全に機能させるため、マネジメントする上司とマネジメントされる部下の関係を良好に保つ管理のことである。人間関係管理の起源は、1924年から1932年まで行われたメイヨーらによるホーソン研究からきている。それ以前は、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。