軌道回路

閲覧数382
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    資料の原本内容

    軌道回路
    軌道回路(きどうかいろ)は、鉄道において線路上の特定区間に列車が存在するかどうかを検知す
    る電気的な装置である。閉塞のための信号装置を動かすために用いる。

    軌道回路の基本的な原理は、車両の車輪と車軸が2本のレールを短絡して電気回路を構成すること
    にある。この電気回路に装置を取り付けて列車の存在を検知する。列車がその線路の区間に存在し
    ていることを在線と呼ぶ。
    軌道回路は保安装置であるので、フェイルセーフであることはとても重要である。保安上、列車が
    在線していないのに誤って検知してしまうよりも、列車が在線しているのに検知に失敗する方が危
    険な状態となる。このため、通常軌道回路は故障すると安全側の「列車が在線を検知している状態
    」になるように設計されている。一方で「列車が在線している」と誤って検知することは、鉄道の
    運行を阻害するため、できるだけ発生しないようにすることが望ましい。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。