虚偽表示

閲覧数122
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    虚偽表示
    虚偽表示きょぎひょうじとは、意思表示を行う者表意者が相手方と通謀してなした虚偽の
    意思表示のこと。通謀虚偽表示ともいう。
    ・日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
    民法上、通謀虚偽表示とは「相手方と通じてした虚偽の意思表示」をいい94条、心裡留保や錯
    誤とともに意思の不存在意思の欠缺の一種とされる。心裡留保との違いは相手方との通謀があ
    る点である。民法94条の典型的な適用事例は、自己所有の不動産に対する強制執行を逃れるために
    登記名義を他人へ移す場合仮装売買である。なお、相手方との通謀の上になされる民法第94条
    の虚偽表示を「通謀虚偽表示」と呼ぶのに対し、表意者単独でなされる民法第9..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。