社会福祉士養成校課題 日本における高齢者を支える制度

閲覧数63
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校の課題レポートです。課題「日本における高齢者を支える制度について述べなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における高齢者を支える制度について述べなさい。
    わが国は 1959 年の国民年金法の制定によってすべての国民が厚生年金・共済年金・国民
    年金のいずれかの年金制度に加入する「国民皆年金」制度を成立させた。そのなかで最も
    大きなウェイトを占めるのが厚生年金保険制度である。
    政府は、社会の高齢化・少子・核家族化の進行・公的年金の加入者の減少・受給者の増
    加が公的年金制度の危機という状況の中で、国民に一層の自助努力を求めている。強制加
    入の公的年金は働く現役世代の負担で年金世代を支えるのであるから保険料をいくら高く
    しても良いというものではない、自らも責任を持って自分の老後に備えて欲しいという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。