PA3040 教育行財政1 1単位目

閲覧数904
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    明星大学通信教育部 PA3040(2019年~)教育行財政1、1単位目の合格レポートです。

    [科目概要]
    国家行政の一作用としての「教育行財政」について、その歴史的沿革を踏まえながら、どのような制度的枠組みの中で成り立っているのか、その基本的構造の特質を明らかにする。
    このため、教育行財政の基本的事項について幅広く取り上げることとし、、具体的には我が国公教育制度の成立と発展、国と地方における教育行政と財政の基本的仕組み、学校制度や就学制度、学校の組織編制と管理運営、教職員の身分と服務、学校評価と公開、地域の参画などの現状と課題を明らかにし、今後の教育行政の方向性、あり方について講義する

    [学習上の目標]
    ■科目の到達目標
    現代公教育制度の意義、役割および機能について基本的な理解を得させるとともに、国と地方の教育行政・学校経営の仕組み、学校制度の基本的枠組み、学校の組織編制と管理運営、教育課程管理、生徒指導の在り方など、教育行政と学校経営に関する総合的な知識と理解を深めさせる。

    ■科目の学習要点事項
    1教育行政の基本構造とその特質
    2憲法26条「国民の教育を受ける権利」
    3教育基本法制定のねらいと改正の趣旨
    4教育行政における国を地方の役割分担
    5教育財政の仕組み
    6我が国の学校制度と就学制度
    7学校の管理運営についての教育委員会と学校の責任分担

    [参考文献]
    最新 教育法の基礎 樋口修資著 明星大学出版部
    現代の教育改革と教育行政 小川正人著 放送大教育振興会
    概説 教育行政学 平原春好著 東京大学出版会
    教育小六法 市川須美子他著 学陽書房

    [レポート課題]
    【注意:各単位ごとに2問中1問を選んで、課題番号と課題を記入してレポートすること】
    選択番号1
    「教育行政」とは何か。その基本構造を明らかにするとともに、他の行政とは異なる教育行政の特色について述べなさい。

    [レポート解説]
    この課題については、テキスト第1章第1節「近代公教育の制度と教育行政の成立」、第2節「教育行政の基本構造」、第3節「教育行政の特質」の内容を参考にすて、理念を深める。
    「近代公教育制度」を国家が自己の一行政作用として取り上げる中で生まれた「教育行政」という概念と制度が、近代国家の出現を背景に達してきたことを踏まえた上で、教育が人間の内面的価値の形成にかかわる文化的な営みであることから、教育の中立性を保証することが教育行政の特質であることについて認識を深める。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「教育行政」とは何か。その基本構造を明らかにするとともに、他の行政とは異なる教育行政の特色について述べなさい。
    教育行政の定義としては教育に関する行政と捉えることができるが、それはつもり教育行政として議会によって定立された法に則って、行政主体である国又は地方公共団体が教育政策を具体的に実現する作用であり、法律の定めるところにより法律に従って行われるものである。そして我が国のように天然資源に恵まれない国においては人材こそが社会発展の原動力であり、社会公共の責任において営まれる公共育を通じて人づくりを推し進めて行くことが国政上の最重要課題であるので、教育行政の任務としては国民の全てに対して全国的な観点から教育の機会均等を確保し、一定の教育水準を維持することにより、知的・道徳的にもすぐれたたくましい人間の育成を図り、社会の持続的発展を図ることである。つまり、近代公教制度は親の教育及びその延長としての私的施設における教育をもってして近代社会における経済的、技術的、文化的発展等に伴う教育欲求の質的、量的拡大に対応しきれず、次代の国家形成者の育成という基本的な共同利益にかかわる事として社会の公...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。