【A判定】社会・集団・家族心理学(社会・集団)①(東京福祉):個人が他者や集団から受ける影響について述べよ。

閲覧数533
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    《設題》個人が他者や集団から受ける影響について述べよ。

    A判定をいただいたレポートです。
    指定の教科書や参考文献を参考に記述しているので分かりやすくまとめられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個人が他者や集団から受ける影響について述べよ。
    態度変化や行動変化のきっかけとなる、他者の影響、例えば説得、勢力、服従などや、集団の影響例
    えば同調、多数派や少数派、集団意思決定などについて述べる。
    他者から受ける影響は、比較的少数の他者からうける態度変化と行動変化と、集団や社会など多数
    から受ける態度変化と行動変化が考えられる。比較的少数の他者から受ける影響として、説得や依頼、
    勢力や服従などが挙げられる。
    説得とは「おもに言語手段によって、他者の態度や行動をある特定の方向へ変化させようとすること」
    iで「他者の考えを変化させるように影響を与えることを意図してコミュニケーションを行うこと」iiを
    説得的コミュニケーションという。また、説得は論拠を多用し、情報量が多いのに対して、論拠を多
    用しない依頼がある。説得の効果に与える要因は以下の 4 つがある。①送り手要因②メッセージ要因
    ③チャンネル要因④受け手要因である。①は、同じ情報でも、送り手の信頼性・専門性など社会的な
    影響力による信憑性が説得力に影響し、信憑性の高い送り手の方が説得効果は高いということである。
    反対に「信頼性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。