八洲学園大学【図書館司書 2020秋】図書館制度・経営論 第2回

閲覧数950
ダウンロード数9
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    2020年秋期 第2回レポート評価A 最終成績は優でした。 このまま提出せず参考として使って下さい。

    【課題】
    次に、図書館を支える法制度・政策について学習します。教科書を通して「図書館法」をはじめ、図書館に関わる法制度、また図書館に関する国や自治体の政策について基礎的な知識を得てください。その上で、制度の意義をより深く理解するため、「図書館と法」に関する具体的テーマを各自設定し、それについて論じなさい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館制度・経営論 第 2 回レポート
    【課題】
    図書館を支える法制度・政策について学習し、教科書を通して「図書館法」をはじめ、図書館に関わる法制度、また図書館に関する国や自治体の
    政策について基礎的な知識を得た。お s の上で、制度の意義をより深く理解するため、「図書館と法」に関する具体的テーマを各自設定し、それ
    について論じなさい。
    子どもの活字離れと図書館の取り組みを、子どもの読書活動推進法とともに考える
    (子どもの読書活動推進法について思うこと)
    1.はじめに
    子どもの活字離れが嘆かれて久しいが、昨今のそれはさらに拍車がかかっていると思われる。マンガ、ゲーム、アニメや映像作品、そして動画
    サイト…。これらに興味を持つのは子どもに限らず大人でもあるが、心身ともに発育途中であり、自由な時間も多い子どもたちはさらにその波に
    のまれ、本に触れる機会を減らしているように感じる。ここでは、「子どもの読書活動推進法」を通し、子どもにおける読書の現状と必要性、そ
    の展望について考える。
    2. 子どもの読書活動推進法とそれに付随する法律の概要
    国は、平成13年に子どもの読書活動に...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。