図書館制度・経営論2021年春期第一回課題レポート

閲覧数579
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    八洲学園大学図書館司書取得講座の資料です。学習の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館制度・経営論 2021 年春期 第一回課題レポート
    公共図書館の存在意義・使命はどこにあるか、公共図書館に機能的に類似する、あるいは競合する施設・
    サービスとの比較に基づいて、考察してください。ただし、利用者である市民に対し、図書館の利用価値をア
    ピールする、あるいは税金で運営されていることのアカウンタビリティを果たすといった「経営的視点」に立っ
    た論述を行うことを意識してください。
    字数は 1,600 字程度を目安としてください。上限はシステム上のカウントで20,000 字とします。
    公共図書館の存在意義・使命はどこにあるかを競合する施設・サービスとの比較に基づいて考察
    する。 評価 A
    はじめに
    公共図書館は図書館法によって設置され、運営されている。現在の公共図書館には、私立図書
    館は、非常に少なく、ほぼ自治体設置の公立図書館である。公立図書館は、運営資金は税金であ
    り、基幹職員は公務員である事が多い。そして ユネスコ公共図書館宣言(注1)、日本図書館協会
    の「図書館の自由に関する宣言 1979 年改訂」(注2)等の図書館運営理念に従って運営されてい
    る。存在意義、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。