図書館サービス特論2021年春期第二回課題レポート

閲覧数298
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    八洲学園大学図書館司書取得講座の資料です。学習の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館サービス特論 2021 年春期 第2回課題
    学校図書館サービスを行うにあたり、学校司書は、①司書教諭②校内の教員③ボランティア④公共図書館
    や地域の施設等とどのように連携すればいいでしょう。それぞれとの連携について考察し、自分の考えを述
    べてください。
    ※1,600 字程度。負担にならない程度で増えても可。
    「学校司書の学校図書館サービスにおける連携・協力について」 評価 A
    1.はじめに
    2016 年に文部科学省が発表した「学校図書館ガイドライン」(注1)では、学校図書館の目的を、
    学校教育に欠かせない基礎的な設備であり、学校の教育課程の展開に寄与し、児童生徒の健全
    な教養を育成することであるとしている。また、学校図書館の機能を「読書センター」「学習センター」
    「情報センター」の3つの機能に分類している。学校司書の役割は、各機能を十分に発揮するため
    に、必要な専門的・技術的職務に従事し,学校図書館を活用する授業や他の教育活動を司書教
    諭や教員と連携し、児童生徒や教員に対して間接的に、または直接的に支援して学校図書館とし
    てのサービスを提供する事である。その為に、司書教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。