民法2(物権)第一課題,第1課題

閲覧数121
ダウンロード数1
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

  • ページ数 : 0ページ
  • 会員660円 | 非会員792円

資料紹介

評価Cです。
次の概念について、それぞれ300 字程度で説明しなさい。
(1)公示の原則
(2)隣地通行権と通行地役権
(3)用益物権
(4)物権の優先的効力
(5)物権的請求権

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

中央大学法学部通信教育課程
Word用レポート原稿用紙(ダウンロード用)
1 / 4
202105-1
(1)公示の原則
「公示の原則」とは、物権に変動が生じたときに誰が権利者であるかを外部から認識で
きるように公示しておく必要があるという原則のことである。物権は排他的権利であり、1
つの物に対して同一の権利は存在できないという強力な権利であるので、取引の安全性の
ために「公示の原則」が必要なのである。公示の方法は、不動産の場合は登記(民法 177
条、以下条数のみ表記)、動産の場合は引渡し(178 条)、立木や未分類の果実などについ
ては明認方法(最一小判昭和 36・5・4 民集 15 巻 5 号 1253 頁)がある。これらの公示制度
は第三者に対して公信力があり、たとえ公示の内容が真実でなくとも公示を信じて取引に
入った者は保護される(192 条)。これを公信の原則という。公示の原則は、公信の原則へ
と繋がっていくのである。
(2)隣地通行権と通行地役権
「隣地通行権」と「通行地役権」は、どちらも他人が所有している土地を通行する権利
である。隣接地相互の利用調整のた..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。