星槎大学 R試験合格レポート 「保健体育科指導法Ⅳ」

閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    「保健体育科指導法Ⅳ」のR試験合格レポートとなります。どうか参考にしてください。現役の小学校教員です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    選んだコラムは、「学校保健の世界(第二版)」のP188の『健康・生活習慣に関連する統計・
    サーベイランス』です。
    問題内容
    30年前と比べると就寝時刻が2時間も遅くなっているが、その原因について考えてみよう。イ
    ンターネットで検索してみて、その概要を調べてみよう。
    まず、P188の折れ線グラフ【就寝時刻(調査前日)平均値の経年比較】内の最新デ
    ータ(2012年のデータ)と最古データ(1994年のデータ)を見比べ、最新の就寝
    時刻の方が遅い時間となっているものを、ピックアップすると、
    男子では、小学校5・6年生で(1994年よりも2012年が)1分遅くなり、
    女子では、中学生全体で(1994年よりも2012年が)9分遅く、
    高校生全体で(1994年よりも2012年が)5分遅くなっている。
    また、学校教育総合研究所のデータを見てみると、小学生の就寝時刻(男女共通)は、
    1989年と2019年のデータを見比べると、27分も遅くなっている。(21:28→
    21:55)
    ここで、就寝時刻が遅くなっている理由を私個人で考えてみると、インターネットやゲ
    ーム、スマートフォンの利用頻度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。