八洲学園大学【図書館司書 2020秋】児童サービス論 第1期

閲覧数1,247
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース 児童サービス論 2020年秋期 第1回レポート評価A 最終成績は優でした。 このまま提出せず参考として使って下さい。

    課題:特別な支援が必要な子どもたちへのサービスの定義と目的、抱えている課題について

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別な支援が必要な児童に対する図書館のサービスを考える
    【1 定義・目的および現状についての論】
    1 はじめに
    人は、生まれてからすぐに自分の動きに対する周囲の反応を読み取り自分の行動を決める、つまり読む力によっ
    て学び続ける生き物だ、と言われる。発達過程においてまだ未熟な子どもたちへのサービスは、図書館において特
    別に細分化されている。児童サービスと呼ばれるそれらは3 つに分かれているが、今回は特別な支援が必要な子
    どもたちへのサービスについての学びをまとめていく。
    2 特別な支援が必要な子どもたちへのサービスの定義と目的
    図書館はすべての利用者に対して扉を開いているといわれている。それは、特別な支援が必要な子どもたちにと
    っても同様である。ここでいう特別な支援が必要な子どもとは、なんらかの障がいを持った子ども、日本語を母国
    語としない子ども、長期入院や施設に入所している子どもや、近くに図書館のない過疎地に住む子ども、すべて
    の子どもたちのことである。このようなあらゆる特性や条件を有した子どもたちが、図書館を利用し本に触れること
    ができるように「障害」を取り除くことに焦点を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。