母性看護学実習での学び

閲覧数3,411
ダウンロード数11
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    母性看護学実習での学びについて・振り返りのレポートです。
    実習に行かれた方ならどなたでも参考にして頂ける内容だと思います。
    実際の体験に基づくもので、参考文献はありません。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    母性看護学実習での学びレポート

    今回の母性看護学実習では、実際の分娩を見学したり、褥婦を受け持ち、生命の誕生や母性看護を学びました。
私は、分娩を見学するのは初めての経験でした。命の誕生の場は、とても明るくてポジティブなイメージがあります。実際は、看護師などの医療従事者は明るい声で産婦さんを励ましている一方で、バイタルサインを確認しながら、常に母子共に異常が起こっていないかを意識していました。赤ちゃんが生まれた時、あれだけの苦痛な陣痛に長い時間耐えていたのに、表情がパッと明るくなった産婦さんを見て、これが母親というものなのかと感動しました。赤ちゃんの産声を聞いた時は、新しい命の誕生はとても素...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。