聖徳大学 保育科 教育原理Ⅰ 評価A 「テキストをよく理解した上で、教育とは何かを論じなさい」

閲覧数438
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    聖徳大学 保育科 教育原理Ⅰ 評価A 「テキストをよく理解した上で、教育とは何かを論じなさい」
    参考文献
    {教育原理}聖徳大学短期大学部通信教育部
    聖徳大学短期大学部通信教育部 平成26年5月1日
    {やわらかアカデミズムわかるシリーズ よくわかる教育原理}汐見稔幸
    株式会社ミネルヴァ書房 平成26年10月10日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストをよく理解した上で、教育とは何かを論じなさい。
    1.はじめに
    教育とは、子ども一人一人の個性を大切にしながら、その子の長所を伸ばし、その子自
    身が「知りたい」「学びたい」と思い行動できるように導いていくことだと考えられる。
    教育という言葉を聞くと、勉強を教える、知識を身につけさせる等と認識している人が
    非常に多いが、教育はそれ以上に、奥深いものである。
    本レポートは、教育の意味、人々はなぜ教育を必要とし、日々生活しているのかをまと
    めていく。
    2.教育の概念
    教育は、教えられる側(子ども)が、その内容を学ぶ心構えがあり、その内容や方法に興味、
    関心をもっているのかが重要である。今日の教育では、国や教師の知識や価値観の押し付
    けではなく、その子の所与の能力の開発、個性の伸長が教育の中心的課題となっているの
    である。
    そもそも人は、なぜ教育を必要とするのか。他の哺乳類や動物に比べ、人間ははるかに
    複雑な社会をつくり上げ、その中で変化や文明を発展させてきた。例えば、言葉を聞き、
    理解し話すことで、世間のしきたりを理解し担えるようになる事、複雑な社会の経済活動
    を担えるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。