[小児]気管支炎アセスメント2

閲覧数285
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員2,200円 | 非会員2,640円

    資料紹介

    小児看護学実習でのアセスメント記録です。
    気管支炎の患児のアセスメントになります。
    枠組みはゴードンがベースの小児看護学実習に適応した学校独自のものになります。
    ※病院実習で受け持った患者の記録であり、参考文献はありません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アセスメント用紙Ⅰ 小児用 ( 西1 )病棟 学生氏名( ¥ ) NO,( 1 )










    分析の視点 情 報 解釈・判断・推理・推論 アセスメントの結論
    *発達段階をふまえた
    ①健康管理活動について
    ②現在の健康状態と今後の
    予測について
    ③外傷、中毒、窒息の危険
    性について
    ①②③について
    S)
    父「 ¥病院でこの子は生まれつき気管支が弱
    いと言われました。」
    父「抵抗力がつくまで保育園に行かせない方
    がいいんですかね。」
    母「 ¥病院から吸入器を借りて家でやってま
    す」
    「4月に入園してずっと咳をして調子が
    悪いです。今回は咳よりも熱がひどくて
    下がらないです。」
    「薬は私が言ってもなかなか飲みませんね
    保育園の好きな先生が言うと素直に飲
    むようです。」
    「水に溶かして舐めさせて薬を飲ましてま
    す。何もしないでも飲める時もありま
    す。」
    「プリンとかアイスみたいなデザート類
    は私が買ってこないせいか食べませ
    ん。」
    「元々は止まる事なく走ったり動き回って
    活発です」
    O)
    ・ 1 歳7か月 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。