特別活動の指導法 2020年度

閲覧数234
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    「小学校の学校行事の内容を項目別に整理し、そのなかでひとつの行事を例に、指導上の留意点や行事を展開する上で注意しなければならないことをまとめてください。」の論文です。2020年度に合格をいただいております。参考にしてください。丸写し等は処罰に値しますので絶対にしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校の学校行事内容を項目別に整理し、その中で一つの行事を例に、指導上
    の留意点や行事を展開する上で注意しなければならないことをまとめてくださ
    い。
    最初に、特別活動とはどのような活動であるかについてであるが、特別活動
    とは、学校の教育課程における各教科、道徳および総合的な学習の時間以外の
    教育活動の総称であるとされており、小学校では、学級活動、児童会活動、ク
    ラブ活動、学校活動とされている。また、学習指導要領には、「望ましい集団活
    動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の身長を測るとともに、集団の一
    員としての自覚を深め、協力してより良い活動を築こうとする自主的•実践的な
    態度を育てる。」と示されている。これは特別活動の特質が実践的な集団活動に
    ある事を前提としているということである。また、特別活動は、①教師と児童•
    生徒、または児童•生徒同士の人間的な交流を中心とする集団的教育活動である。
    ②児童•生徒がそれぞれの個性を発揮し、お互いに尊重し理解し合う、個性育成
    的活動である。③自主的、実践的教育活動である。④社会的適応力を養う教育
    活動である。⑤公民的資質の向上を図る教育活動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。