【2019~2022年度】日本大学通信 経営学 課題2 合格レポート

閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 経営学 課題2の合格レポートです。より良いレポートを書くためのお役にたてると幸いです。
    出典URLも記載しております。

    課題: 近年,就業形態の多様化が進展してきているが,その理由・背景について考察する。

    講評: よくまとめてあります。課題をきちんと理解していることが分かります。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学(科目コード S20200 )課題2
    就業形態の多様化について論述しなさい。
    〈ポイント〉
    近年,就業形態の多様化が進展してきているが,その理由・背景について考察する。
    〈キーワード〉
    雇用流動化,派遣社員,契約社員,出向,転籍
    〈参考文献〉
    『新時代の「日本的経営─挑戦すべき方向とその具体策─」日本経営者団体連盟』
    新・日本的経営システム等研究プロジェクト編著(1995 )
    『新しい人事労務管理』佐藤博樹・藤村博之・八代充史(有斐閣 1999 )
    近年、就業形態の多様化が進展してきている。その理由・背景について考察する。
    我が国の産業構造は、サービス経済化が進んでいる。経済産業省「労働経済の分析」の消
    費構造の推移をみると、消費支出では 1950年は生活必需品に多くの支出を割いていたが、
    高度経済成長を通じ人々のくらしが豊かになると、生活必需品の割合は低下し、教養娯楽
    や交通・通信の消費が増加している。*1
    産業別就業者構成割合を 1970 年と 2010 年で比較すると、第 1 次産業は 19.3%から
    4.2%と大きく減少し、第 2 次産業も 34...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。