「英語は愚民化」批判

閲覧数414
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    タグ

    日本英語教師文化社会道徳学校日本語問題

    代表キーワード

    英語文化愚民化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    「英語は愚民化」?
    ― 『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる』 (集英社新書)– 2015/7/17 施光恒(著)
    を批判する―
    問題点その1
    まず、九州大学大学院比較社会文化研究院准教授という高御座に在す著者は、はるか下
    位に蠢く高校における英語教育の現実や現状に無知であり無関心である。抽象的な議論は
    別として、この著書からそもそも英語教育をどう変えるべきか、またどう変えうるか具体
    的かつ説得力のある改善案の提示は皆無である。現場の生の声に耳を傾けたらしい箇所が
    唯一 P150、
    「高校レベルでは、2013 年度の高校 1 年生からオール・イングリッシュ方式の英語の授
    業は既に始まっているわけだが、私が現場の教員に尋ねたところでは、飛び抜けて優秀な
    生徒の集まる一部の進学校は例外として、現状は、英語のみで授業を成立させることは、
    やはり難しいようで、文法や単語の説明は日本語でするし、和訳も当然しているとのこと
    だった」
    にあるが、微塵も肉声の感じられないこの教員は、実は架空の人物なのではないだろうか。
    もし本物なら、なぜこの教員はこんな誰でも思いつく一般論..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。