日大通信 経済地理 分冊2 合格レポート

閲覧数254
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    【日大通信】経済地理分冊2 2019~2022 合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。 丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。 ご使用は自己責任でお願いいたします.  【問題】日本とアメリカにおけるハイテク企業の立地展開の特色について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済地理 分冊2
    ハイテク企業とは、高度な最新技術を用いて半導体メモリーやコンピューター、電子工業製品、
    FA 関連機器及び情報通信機器などのエレクトニクス技術系製品等多岐にわたる技術系製品を設
    計、開発、および生産する企業のことをいう。
    それらハイテク企業の総体としてのハイテク産業は一般的な特徴がある。それは、①軽薄短小
    型産業で、研究開発を重要視した技術集約型産業、②軽薄短小型・技術集約型産業故の企業の立
    地自由性のある産業、③質の高い新規雇用機会を増大させる産業、④売上高に対する純利益の高
    い高収益産業、⑤アイデアや企業育成等を重視する高付加価値産業、⑥研究開発、生産およびそ
    の需要がほとんど日本、アメリカおよび EU に限られてなされている先進国比較優位産業の 6 つ
    が挙げられる。
    日本のハイテク産業の立地についての一般的・共通立地条件は①進出地域の住民及び地域社会
    の受容性および地方自治体の行政支援、パートナーシップの得やすさ、②労働力の確保の容易性、
    ③本社・取引・関連企業への近接性、④市場への交通アクセスの利便性、⑤部材や資材の入手の
    容易性、⑥入手容易な広大かつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。