【日大通信】国際金融論(S31200)課題2   合格レポート 【2019~2022年度】

閲覧数763
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】国際金融論(S31200)課題2  【2019~2022年度】の合格リポートです。

    私が提出して合格した内容をそのままアップロードしています。
    講評等で指摘された内容は修正しておりません。

    あくまでもリポート作成の参考程度としてお使いください。(丸写しなどはご遠慮ください。)
    また、ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】国際金融論S31200課題2 合格レポート
    【20192022年度】
    【日大通信】国際金融論S31200課題2 合格レポート 【20192022年度】
    〈課題〉国際金融市場はさまざまな観点から整理・分類することが可能である。ユーロ市場とオフ
    ショアセンターの関係を整理しながら国際金融市場の特徴を説明しなさい。
    〈ポイント〉①国際金融市場と国内全融市場の違いを理解しているか。
    ②オフショアセンターの種類と特徴を整理して説明しているか。
    ③近年、国内金融取引と国際金融取引の線引きが難しくなった現実を踏まえて論じているか。
    〈キーワード〉
    非居住者、国内規制の免除、内外分離型、内外一体型、タックスヘプン型
    〈参考文献〉「国際金融論」通信教育部教材
    「国際金融のしくみ」第4版秦忠夫・本田敬吉他有斐閣
     各国の貸付市場には、国際金融取引を自由におこなうことのできるオフショア勘定を特別に設け
    ているところがある。オフショア勘定とは、一般に非居住者がおこなう資金運用や調達について国
    内の預金準備、金利規制、源泉徴収税などの規制が免除された特別勘定のことである。銀行が保有
    する資金勘定のな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。