【聖徳大学】 福祉心理学第2課題 評価S

閲覧数1,289
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員2,200円 | 非会員2,640円

    資料紹介

    【S評価】福祉心理学:聖徳大学通信心理部
    第2課題第1設題 すべてに答えなさい
    2−1、「児童虐待」「高齢者虐待」「被虐待児(者)」についてそれぞれ説明し、必要な心理支援について具体例を記述してください。300x3
    2−2、認知症高齢者の心理支援について、具体例を挙げて説明してください。500
    ※本レポートをそのまま提出しないで下さい。参考としてご覧下さい。自学に励まれている皆様のお役に立てれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉心理学
    第2課題
    すべてに答えなさい
    2−1、「児童虐待」「高齢者虐待」「被虐待児(者)」についてそれぞれ説明し、必要な
    心理支援について具体例を記述してください。300x3
    「児童虐待」
    厚生労働省の調査によると、児童虐待数の半数は実の母親であり、全国の児童相談所が
    対応した虐待の件数は 2018 年で 15 万件を超えている。虐待を受けてきた子ども達は心身
    ともに様々なダメージを受けており、また不安や緊張感、罪悪感、自責の念に悩んでいる
    ケースも多い。だからこそ、「あなたが悪いのではない」「安心できる場である」という
    ことを伝え、信頼関係をしっかりと作っていくことが、児童相談所における最低限必要な
    心理支援となる。その上で、児童福祉施設や里親へ入所・委託する場合には、心理療法や
    生活場面における心理的援助、各施設の職員等に対するコンサルテーション、児童相談所
    との連携などが支援として必要になる。
    (299文字)
    「高齢者虐待」
    高齢者とは 65 歳以上の人を示し、高齢者虐待とは養護者によるものと、要介護施設従事
    者等によるものに分けられる。その上で虐待に該当する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。