会計学 2020report

閲覧数2,010
ダウンロード数22
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    (2020)慶應通信経済学部専門科目「会計学」で合格をいただいたレポートです。静態法と動態法などの歴史的な移行がテーマです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '20 会計学
    はじめに
    指定テキスト『会計学』には,会計の歴史における画期的なできごととして,以下の3
    つが挙げられている。14 世紀から 15 世紀頃のイタリアにみられた複式簿記の成立,16 世
    紀ないし 17 世紀頃のネーデルランドにみられた期間利益計算の成立,そして,18 世紀な
    いし 19 世紀頃のイギリスにみられた発生主義の成立である(p.13)。 本稿では,こうした
    会計の歴史を素地として,現金主義から発生主義へ,財産法から損益法へ,そして,静態
    論から動態論へと,会計における認識がどのように移行したのかを述べる。
    1)現金主義から発生主義への移行
    現代における会計の大きな特徴である発生主義は,現金主義と対比される。「現金主義」
    とは,カネの出入りにもとづいて利益を計算・把握する認識の原則である。現金収入によ
    って収益を認識し,現金支出によって費用を認識する。そして,この差異を損益と認識す
    る。直感的で分かりやすいプロセスではある。しかし,その場限りの取引においては有用
    であろうが,引き続き取引関係を維持するのであれば,その都度の会計では効率が悪い。
    こうし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。