保険学 2019report

閲覧数1,482
ダウンロード数13
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    (2019)慶應通信経済学部専門科目「保険学」で合格をいただいたレポートです。巨大リスクに対する保険と官民の役割分担との関係がテーマです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '19 保険学
    はじめに
    2019 年 9 月 5 日,「令和元年台風第 15 号」が発生した。関東地方に大きな被害をもた
    らし,特に千葉県内は大規模な停電に見舞われ,発生から3週間を経過してもなお,山間
    部など,送電が復旧していない地域があった(「日本経済新聞」2019 年 9 月 24 日)。これ
    だけでなく,日本各地では自然災害が毎年のように発生し,多くの人命や財産が失われて
    おり,その損害の数は増加傾向にある。こうした巨大災害は,国民経済にも甚大な損害を
    及ぼし,いまや国家的な関心事の一つとなっている。本稿では,このような激甚災害,す
    なわち巨大リスクに対する保険の機能と,官民の役割分担のあり方について論じる。
    1)リスクという言葉の意味
    「リスク」というそもそもの言葉の意味を理解しておきたい。あらゆる場面で登場する
    この言葉は,主に,損をしてしまう可能性に対して用いられている。柳瀬は「リスクとい
    う言葉は文脈によって複数の意味(期待値周りの変動性,損失の期待値)をもつ」と解説
    している(『はじめて学ぶリスクと保険』p11)。 また,近見は「リスクを感じるのは,期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。