23. 科目名「精神保健学」 題「発達段階に適した精神保健について」

閲覧数1,362
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字弱
    総合評価:B

    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:良い
    ●課題の趣旨を理解している:良い
    ●趣旨が通っている:良い

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:精神保健学
    題: 発達段階に適した精神保健について
    精神保健とは、精神の健康を保持、促進する為の環境作りを目指す諸活動をさすが、人
    間の各発達段階に対応した精神保健を考えることが重要である。ここでは、人間のライフ
    サイクルを胎児期・乳幼児期、学童期、思春期、青年期、成人期、そして老年期にわけて、
    各発達段階における精神保健についてまとめた。
    胎児期の精神保健は、母親の心身状態と直結する。我が国の乳児死亡率は世界で最も低
    く、現行の母子診査等の有用性は高いと言える。妊産婦は心身に変調をきたしやすく、マ
    タニティーブルーや産褥ノイローゼが度々問題となる。エリクソンは、乳幼児と養育者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。