早稲田 人科 救急医学レポート 「大災害と救急医学」 〜大震災におけるトリアージの必要性について〜

閲覧数1,901
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    救急医学レポート
    「大災害と救急医学」
    〜大震災におけるトリアージの必要性について〜
                             
     甚大な被害を及ぼした
    3

    11
    日の東日本大震災を受け、このような大規模な災害においてトリ
    アージ
    *
    がいかに必要かということについて考えた。
     まず、今回の大震災のような状況では、負傷者に対して通常の救急医療で対応するということはとて
    も難しいことだと考える。その理由を述べる。
     一つ目に、そもそも救急医療は平常時から、救急車到達までの時間、そして病院搬送までの時間が
    決して短いとは言えない、また、救急車の軽症利用などによって常に救急車が出動中になっていたりす
    ること、また、医師不足によるたらい回しなど、十分な余裕があるとは言いがたい。その状況で、平常
    時とは比べ物にならない多数の負傷者が一度に、また狭い地域で突るのが大災害時であり、この
    とは救急医療が足りる状況にはならないと考えら。
     目に、平常時の救急医療においては、大
    by stander
    によるタアがで
    ある。しかし、大震災、のでは、
    by stander
    も被災者であるし、し...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。