商業学 2019report

閲覧数1,516
ダウンロード数16
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    (2019)慶應通信経済学部専門科目「商業学」で合格をいただいたレポートです。サプライチェーンマネジメントがテーマです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '19 商業学
    はじめに
    指定テキスト『流通原理』によると,サプライ・チェーンとは,「原材料や部品の供給者,
    完成品生産者,中間業者など,特定商品軍のミクロ流通フローに関わるすべての企業が関
    与」し,その特徴を「特定商品群のミクロ流通フローに関する成員間の情報統合にある」
    とされている(p.306)。すなわち,原材料や部品,資材の調達,製造,出荷,流通,そして
    販売といった生産物供給(=サプライ)の連鎖(=チェーン)のことであり,そうしたモノの流
    れの効率化・最適化を図るための管理(=マネジメント)手法が,サプライ・チェーン・マ
    ネジメント(以下,SCM)である。また,高嶋は『現代商業学』において,「製販統合」と表
    現し,以下のように述べている。「商品の生産や物流における一連の作業を企業間で連動さ
    せて,一気通貫の生産・流通システムを形成することであり,それによって生産や物流の
    効率化をめざすものである」(p.169)。つまり,生産から販売までの各部門の情報を,会社
    や組織の枠組みを超えて連携・統合することによって,サプライ・チェーンが形成される。
    生産物の流通には,供給者か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。