音楽科指導法 レポート

閲覧数11,949
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    東京福祉大学 通信教育のレポートです。
    評価Aでしたので是非参考にしてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 × 20
    「小学校における歌唱指導について述べよ。」
    小学校の音楽科において、歌唱の活動、器
    楽の活動、音楽づくりの活動、鑑賞の活動の
    領域に分けられている。その中の歌唱活動は
    人の身体そのもので音を奏でる音楽活動にお
    いて最も手軽に行なうことができる基本的な
    活動であるといえる。また、身体を通じた直
    接的な活動であり、言葉と密接に関わり合っ
    ているため歌唱者本人の身体だけでなく精神
    面も大きく関わってくる。
    歌唱活動は小学校学習指導要領において、
    で児童に身につけさせたい事項について1つ
    目に曲の特徴を捉え、それにふさわしい歌唱
    表現の工夫をし、思いや意図をもつことがで
    きること、2つ目に曲想、音楽の構造、歌詞
    の内容との関わりを理解すること、3つ目に
    1つ目の内容を表現することができるように、
    聴唱、視唱の技能、自然で無理のない歌い方
    20 × 20
    で歌う技能、声を合わせて歌う技能が求めら
    れている。このような事項を学年ごとに、2
    9年告示の学習指導要領を用いて整理してい
    く。29年度の指導要領において、それぞれ
    の事項におい...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。