評価A 保育内容(人間関係) 東京福祉大学 レポート

閲覧数3,322
ダウンロード数16
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    設題「子どもを取り巻く現代の人的環境の特徴と影響を説明し、子どもの人間関係を豊かにする保育者の関わりのあり方について述べよ。」

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもを取り巻く現代の人的環境の特徴と影響を説明し、子どもの人間関係を豊かにする保育者の関わりのあり方について述べよ。

    1.現代の人的環境の特徴
     私たちを取り巻く環境は社会・政治の情勢など日々目まぐるしく変化している。少子化、都市化、核家族化、情報化、国際化などによって、子どもと家庭のあり様もそれにともなって変化してきている。共働き世帯の増加や、女性の働き方の変化(正規雇用、常勤職の増加など)において、出産・育児・家庭と仕事のバランスをとることが難しいと感じる親が増えている。高度経済成長の時代から、都心部への人の集中で、生まれ育った土地を離れる、親自身の人間関係の希薄化と地域のつながりの希薄化は顕著になっている。このような状況の中、幼稚園や保育所等では、子どもが十分に遊ぶ機会を得ることが期待される。そして、保育において子どもの育ちを支え、     人間関係を豊かにするような援助が必要となる。
    2.幼稚園・保育所等と人間関係
     「生きる力」とは、社会の中で人として生きていくための力であり、「豊かな人間性」「確かな学力」「健康・体力」の総合的な育ちを示す。幼稚園や保育所等での保育では...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。