【明星通信】中等教育実習指導(PC3070) _ 合格レポート

閲覧数4,057
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまで全て一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    ①学習指導案作成に向けての自己の課題を2つあげ、教育実習までにどのように解決に向けて努めていくか、具体的に述べなさい。
    ②教育実習では、実習校の教職員との様々な関わりを通して、教師の仕事について学びます。他者との関わり、人間関係について心がけたいことについて述べなさい。
    (①②とも1000字程度)

    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <中等教育実習指導(PC3070) _ 合格レポート>
    【課題】
    ①学習指導案作成に向けての自己の課題を 2 つあげ、教育実習までにどのように解決に向けて努
    めていくか、具体的に述べなさい。
    ②教育実習では、実習校の教職員との様々な関わりを通して、教師の仕事について学びます。他
    者との関わり、人間関係について心がけたいことについて述べなさい。
    (①②とも 1000 字程度)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    ①これまでの学習指導案作成経験を踏まえ、「教材研究力の向上」「アクティブ・ラーニングの導
    入」の 2 点を今後の課題として挙げたい。以下、2 つの観点に分けて述べる。
    まず「教材研究力の向上」について、そもそもの教科に関する前提知識の不足とともに、単元
    に対しての横断的・派生的な研究力が弱いと感じている。この点の強化を図らなければ、予定し
    ていた知識の伝達だけという画一的な授業になる恐れがあり、生徒の発問も適切な答えに結びつ
    けることが出来ず、ひいては内容理解そのものが断片的な状態に陥らせてしまう...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。