体育理論 2016report

閲覧数1,950
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    (2016)慶應通信総合科目「体育理論」で合格をいただいたレポートです。トレーニングの原理・原則と運動との関連がテーマです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '16 体育理論
    プロスポーツ選手や、アマチュア、またはダイエット中、病気や怪我のリハビリテーシ
    ョンなど、運動を行う目的・目標は人それぞれ多種多様である。身体機能または競技力の
    向上など、効果的に、そしてリスクを最小限に留めつつ成果を上げるには『トレーニング
    の原理・原則』を基底として実行することが望ましい。3つの原理と5つの原則に沿って
    トレーニングを行うことにより、効果の測定や判別がしやすくなる。それによって得られ
    たフィードバックを元に、さらなるプログラムの編成や観察が容易になる。以降、誰もが
    手軽かつ身近な運動として着手しやすい、いわゆる腹筋運動、昔から行なわれている上体
    起こし運動(以下、上体起こし)を例に進めていく。
    [1]過負荷の原理
    過負荷の原理とは、自己の能力を超えたレベルでトレーニングすることで、その負荷に
    身体が慣れ、さらなる負荷への耐性が培われることを言う。例えば、上体起こしの初心者
    が5回でさえも自分の体を持ち上げられなかったのが、やがて5回から10回へと回数を
    増やし、いつの日か軽々と何回でも起こせるようになる。能力の増強に応じて負荷を増や
    し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。