論理学(A) 2017report

閲覧数2,823
ダウンロード数21
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    • ページ数 : 15ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    (2017)慶應通信総合科目「論理学(A)」で合格をいただいたレポートです。真理関数と量化理論の相違点がテーマです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '17 論理学
    はじめに
    推論はあらゆる場面で重要な役割を担っている。生活において、相手に納得して
    もらう、あるいは、自らも熟考の上で選択するという場面は多くある。感情に訴え
    て関心を引き寄せ納得してもらうこともできうるだろうが、正しい結論を導きたい
    のであれば、確実で、誤解の余地のない方法をとらなければならない。学問におい
    てもそれは重要な目的であり、推論することは避けて通れない。結果だけでなく、
    そこに至る思考法則の過程を究明し、どのような構造が正しい結論を得られるのか
    を順当に推理できなければ、問いに正しい答えを出すことができない。結論を導く
    過程に問題がなければ、必然的にその推論に「正しい推論(妥当な推論)」というお
    墨つきを与えることができる。この、正しい前提から正しい結論が導かれるこの性
    質を「論理的必然性」という。この論理的必然性を支配する思考の法則、抽象的な
    判定基準を明確に吟味できてこそ、妥当な推論といえるのである。これを踏まえ、
    正しい推論が持つ前提と結論との間の構造的関連を明らかにし、人間の思考を支配
    する様々な法則を追求するのが、論理学という学問の課題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。