【明星通信】 教育法規2(PA2210) _ 1単位目+2単位目セット 合格レポート

閲覧数2,005
ダウンロード数21
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    ※セット値下げしました。よろしくお願いいたします。


    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまですべて一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    <1単位目>
    学校運営への地域参画をすすめるため学校教育法上あるいは地方教育行政法上どのような制度措置が講じられているか、また、制度運営上どのような課題があるか論じなさい。
    <2単位目>
    学習指導要領と各学校の編成、実施する教育過程とのかかわりはどのようなものであるか述べなさい。


    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <教育法規2(PA2210) _ 1単位目 合格レポート>
    【課題】
    学校運営への地域参画をすすめるため学校教育法上あるいは地方教育行政法上どのような制度措置が講じられているか、また、制度運営上どのような課題があるか論じなさい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
     学校運営に関する地域参画には、「学校評議員制度」の創設や、「学校運営協議会」制度が挙げられる。以下、その内容と課題について論じる。
     まず、平成10年の中央教育審議会答申にて「学校が保護者や地域住民の意向を反映させるとともに、その協力を得て学校運営が行われるような仕組みをもうけることが必要であり、必要に応じ助言を求めるため、地域の実情に応じて学校評議員を設けることができるよう検討」という提言がされた。これを受け、各学校が掲げる教育目標や運営の仕方について地域に情報を公開し、具体的な中身について地域の意見を取り入れる目的で、平成12年に「学校評議員制度」が創設されたのである。学校教育法施行規則第49条にはその具体的内容が明記されており、学校には設置者の定めるところにより学校評議員を置くことができるこ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。