【明星通信】 教育心理学(PA2030) _ 1単位目 合格レポート

閲覧数1,248
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまですべて一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    <1単位目>
    ピアジェの発達論に基いて、子どもの思考の発達について述べよ。


    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <教育心理学(PA2030) _ 1 単位目 合格レポート>
    【課題】
    ピアジェの発達論に基いて、子どもの思考の発達について述べよ。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【レポート本
    文】
    ピアジェは、子どもの認知発達を大きく 4 つの時期に区分した。①感覚ー運動期(0〜2 歳)、
    ②前操作期(2〜7 歳)、 ③具体的操作期(7〜11 歳)、 ④形式的操作期(11,12 歳以降)である。
    これら 4 つの発達段階に基づき、子どもの思考の発達について以下に記述する。
    ①の感覚ー運動期について、この段階の子どもは思考活動なしに運動行為を行う。子どもはは
    じめ物が永続して存在することを理解していないが、満 1 歳末頃に「物の永続性」を理解できる
    ようになる。物の永続性の理解とは、対象物が隠されて見えなくなったとしても、その対象物は
    元の場所にあり続けていると理解していることを指す。つまり、さまざまな視点から対象物を見
    ることが可能になるのである。例えば、0 歳児や 1 歳初の子どもでは、目の前の時計がハンカチ
    で覆われると、時計が雲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。