社会学(A) 2017report

閲覧数2,304
ダウンロード数18
履歴確認
更新前ファイル(3件)

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    (2017)慶應通信総合科目「社会学(A)」でS評価をいただいたレポートです。セクション16『教育』からテーマ選定しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    '17社会学(A)
    「学校や大学は、感情的知能の発達にもっと重点を置くべきだろうか」
    (セクション 16 『教育』より)
    1.この課題を選んだ理由
    「感情的知能」は、テキスト『社会学 第四版』にもその書名が記載され(p.636)、ベスト
    セラーにもなった『EQ こころの知能指数』の中で以下のように定義されている。「知能テ
    ストで測定される IQ とは質の異なる頭の良さであり、自分の本当の気持ちを自覚し尊重し
    て、心から納得できる決断を下す能力。衝動を自制し、不安や怒りのようなストレスのもと
    になる感情を制御する能力。他人の気持ちを感じとる共感能力。集団の中で調和を保ち、協
    力しあう社会的能力」(p.1)。感情的知能を“EQ”と表現し、「EQ は教育可能だ」(p.8)と説
    いている。他人の言動を敏感に予測、理解するが、それに振り回されない。自分を傷つける
    人間関係には見切りをつけるが、他者を傷つけることもしない。円滑にコミュニケーション
    をとることができて、明るさ、意欲、安らぎといった積極的な思考や情動により、好ましい
    成果をもたらすことができる無形の資産となるのだ。「考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。